風力発電について


windera s - 3.2kW

windera s

概要

構成 3枚翼、水平軸、UpWind方式のパッシブ
ヨー、固定ピッチ
定格電力 3.2 kW
直径 4.36m
年間エネルギー量 6.231 kWh
IECタービンクラス クラスIII
カットイン風速 3 m/s
カットアウト風速 25 m/s
ノイズ 45 dB
ナセルの重量 160 kg
作動温度範囲 -20 / 45°C
公称回転数 225 rpm
アクティブ機械式ブレーキ 280 rpm
設計寿命 20 年
認定 MCS向けにGLの試験済み、TÜVの認定済み

発電機

種類 直接駆動永久磁石型同期

変換器

公称効率 95%
接続 単相
保護の程度 IP54に加え、景観に配慮した外ケース、UV保護
適応型最適ポイントのトラッキング 生産を最適化し、負荷を最小限に抑えるために回転速度を調整

種類 ファイバーグラス、炭素繊維、エポキシ樹脂。翼先端のウイングレット

タワー

構成 支柱なしの独立管状ポール(12m)

安全システム

機械制御 過度の風速が検出された際のブレーキシステム
電気的な安全性 電気的または機械的な障害に対するシャットダウン保護システム
機械的な安全性 スピード超過に対する冗長遠心ブレーキ
追加の抵抗制動は必要なし

監視および保守

管理センター モバイルネットワーク通信をベースにした遠隔制御
グリーンモニター エネルギー、発電統計データおよび機械の状態などの情報を提供するエンドユーザー向けのWebアプリケーション
予防装置 受信データおよびアラーム解析にしたがって保守のニーズを特定

ランニングコスト

メンテナンス費用 6基で 10万円-15万円 / 年程度
1基あたり年1回(約4時間)の作業
故障時対応費用 高所作業車レンタル費用、人件費等
保証期間内(2年間)はメーカー負担
保証期間内 受信データおよびアラーム解析にしたがって保守のニーズを特定
通信費用・遠隔モニタリング 6基で3年目から5万円/年程度
PCSに通信モジュール内蔵(最初2年間無償)
3年目より1基あたり8,000円/年