High Quality HouseKamikenミラスタの家

Kamikenミラスタの家は、快適・健康・安心・省エネな暮らしのために、最高水準の断熱性・気密性・耐震性を目指した住宅を実現することをコンセプトに建築しております。
さらに「図面・現場・暮らしを一致させる」というポリシーのもと、精度の高い設計を現場で確実に具現化し、狙いどおりの暮らしの性能を実現する高品質な住宅であることが重要と考えております。これらのことを、同等の断熱・気密性能、耐震性能が担保できる工法として、システム化しています。
Kamikenミラスタの家では、間取りの規格化はせずに、お施主様の希望の住まいの実現に最大限努めます。間取りは自由ながら、使用する断熱材、換気システム、太陽光発電システムは共通のものを使用し、2050年脱炭素社会の実現を目指します。

ハウスオブザイヤーインエナジー2020特別優秀賞

当社はZEHビルダーとして省エネ住宅のご提案に力を入れてまいりましたが、この度、2020年にお引渡ししたKamikenミラスタの家3棟を「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2020」にエントリーし、特別優秀賞を受賞いたしました。今後も技術の進歩とともに、さらなる省エネルギーで環境にやさしい住まいをご提案していきます。

これからの家に求められる性能

「HEAT20」は断熱性に関する新しい評価基準で、断熱性の基準値のグレードを地域区分ごとに「G1」「G2」「G3」で定めています。数字が大きいほどグレードが高くなります。
その基準となるのが「UA値(ゆーえーち)」。住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いということになります。

UA値

H28年省エネ基準冬期間の室内温度環境がおおむね8℃を下回らない基準の数値。
ZEH基準断熱性能が高いと認知されているZEH。ZEHの断熱基準の数値。
HEAT20 G1冬期間の室内温度環境がおおむね10℃を下回らない基準の数値。
HEAT20 G2冬期間の室内温度環境がおおむね13℃を下回らない基準の数値。
HEAT20 G3冬期間の室内温度環境がおおむね15℃を下回らない基準の数値。

断熱性能

高断熱の断熱材パネルを使用した基本断熱仕様

Kamiken ミラスタの家のすぐれた断熱性能は、高性能な硬質ウレタンフォームを使用した断熱パネル、高断熱サッシ・高性能ガラス・計画換気システムなどの構成によって生まれます。住宅を建築される地域や土地の条件、目指す性能基準に合わせて、適切な組み合わせを選ぶことができます。

断熱性能

気密性能

kamiken ミラスタの家のすぐれた断熱性能を活かすためには、気密性も高めることが重要となり、Kamiken ミラスタの家ではC 値(相当隙間面積)0.5 を基準とし、全棟において気密測定を行い、性能報告書にてお施主様にご確認いただいています。

熱損失に影響をおよぼす気密性能の重要性

内外の温度差や外部の風の影響で、家の見えない隙間から室内の空気が流れ出ていきます。 隙間が大きいと暖房や冷房を行っても漏れてしまいムダが多くなります。また、暖かい・涼しい空気が外に逃げるということは、熱を損失していることになり、断熱効果にも影響を及ぼします。(一般的なQ 値計算には、この漏気量は考慮されていません) 計画換気、空気の流れにも影響を及ぼす気密性気密性の高い住宅は、窓や壁の隙間から外気が侵入しにくく、空気の流れにムラが起こりにくいため、計画的な換気が行えます。これにより、住宅の隅々にゆるやかな空気が流れるため、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。

全棟で気密測定を行い、性能報告書を発行

Kamiken ミラスタの家では、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性脳を数値でご確認いただける性能報告書を作成し、お施主様にお渡ししています。 ※性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。

気密性能

LIXIL 住まいStudio

東京都新宿区のLIXILショールーム内にある「LIXIL 住まいStudio」で断熱性能の違いを体感できます。ぜひご参加ください。