Spec性能

当社はZEHビルダーとして省エネ住宅のご提案に力を入れてまいりましたが、この度、2020年にお引渡しした注文住宅3棟を「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2020」にエントリーし、特別優秀賞を受賞いたしました。今後も技術の進歩とともに、さらなる省エネルギーで環境にやさしい住まいをご提案していきます。

ミラスタの家

お施主様の暮らしに沿った自由設計を叶えながらも最高水準の断熱性・気密性を重視した完全注文住宅

今回エントリーした住宅は、快適・健康・安心・省エネな暮らしのために、最高水準の断熱性・気密性・耐震性を目指した住宅を実現することをコンセプトに建築しております。さらに「図面・現場・暮らしを一致させる」というポリシーのもと、精度の高い設計を現場で確実に具現化し、狙いどおりの暮らしの性能を実現する高品質な住宅であることが重要と考えております。これらのことを、同等の断熱・気密性脳、耐震性能が担保できる工法として、システム化しています。Kamikenミラスタの家では、間取りの規格化はせずに、お施主様の希望の住まいの実現に最大限努めます。間取りは自由ながら、使用する断熱材、換気システム、太陽光発電システムは共通のものを使用し、2050年脱炭素社会の実現を目指します。

①等級40.87国土交通省が2020年以降に建てる新築住宅の最低限どの基準にしようとしていた数値。
②ZEH基準0.6断熱性能が高いと認知されているZEH。ZEHの断熱基準の数値。
③G10.48冬期間の室内温度環境がおおむね10℃を下回らない基準の数値。
④G20.34冬期間の室内温度環境がおおむね13℃を下回らない基準の数値。

断熱性能

高断熱の断熱材パネルを使用した基本断熱仕様

Kamiken ミラスタの家のすぐれた断熱性能は、高性能な硬質ウレタンフォームを使用した断熱パネル、高断熱サッシ・高性能ガラス・計画換気システムなどの構成によって生まれます。住宅を建築される地域や土地の条件、目指す性能基準に合わせて、適切な組み合わせを選ぶことができます。

気密性能

kamiken ミラスタの家のすぐれた断熱性能を活かすためには、気密性も高めることが重要となり、
Kamiken ミラスタの家ではC 値(相当隙間面積)0.5 を基準とし、全棟において気密測定を行い、性能報告書にてお施主様にご確認いただいています。

熱損失に影響をおよぼす気密性能の重要性

内外の温度差や外部の風の影響で、家の見えない隙間から室内の空気が流れ出ていきます。 隙間が大きいと暖房や冷房を行っても漏れてしまいムダが多くなります。また、暖かい・涼しい空気が外に逃げるということは、熱を損失していることになり、断熱効果にも影響を及ぼします。(一般的なQ 値計算には、この漏気量は考慮されていません) 計画換気、空気の流れにも影響を及ぼす気密性気密性の高い住宅は、窓や壁の隙間から外気が侵入しにくく、空気の流れにムラが起こりにくいため、計画的な換気が行えます。これにより、住宅の隅々にゆるやかな空気が流れるため、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。

全棟で気密測定を行い、性能報告書を発行

Kamiken ミラスタの家では、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性脳を数値でご確認いただける性能報告書を作成し、お施主様にお渡ししています。 ※性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。

ZEH普及目標と実績
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績
13% 3% 3% 3% 16%

ZEH(Zero Energy House)

ZEHゼッチ(ゼロエネルギーハウス)とは

生活で利用するエネルギーよりも家庭でつくり出すエネルギーを多くし、年間のエネルギー消費量をプラスマイナスゼロにしようとする住宅のことで、地球環境や家計にやさしい快適な住宅を実現できるといわれています。 主な例として外壁などに断熱材を使用し効率よく省エネすることや、太陽光発電を利用して電気を作り出す創エネがあります。 さらに、エネルギー消費量を見ることができるHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と組み合わせてエネルギーゼロ以下を目指します。

ZEHの現状とは

国は、ZEHについて2030年までに標準的な新建築物全体での実施を掲げています。 しかしこの「標準的な住宅」や、ZEHそのものの定義は明確になっておらず、業界全体として目指すべき方向性を定められていないのが現実です。ただ、仮にこのビジョンが実現され既築の省エネ効率が大幅に高まった場合、一定の前提の下で計算すれば、2030年におけるエネルギー消費量は対策を実施しなかった場合に比べておよそ半減されるとしています。また、ZEHを住宅に取り入れたとすると一般的な住宅と比べるとおよそ28万円の節約ができると国土交通省の比較による結果が公表されています。